不動産事業

競売関連用語集

| | | | | | | | |
 

【あ】【い】【う】【え】【お】

IHクッキングヒーター

電気熱源のコンロで、電気で鍋を発熱させます。ガス式コンロのように、吹きこぼれによる立ち消えの心配がなく、キッチン内も熱くならず、空気も汚しません。強い火力があるため、中華料理の炒め物などもおいしく仕上げられます。

 

RC

Reinforced Concreteの略で、鉄筋コンクリートのことです。引っ張る力に強い鉄筋で、圧縮する力に強いコンクリートを補強します。優れた強度を発揮し、中高層建築で多く用いられます。

 

アドオン返済【アオドンへんさい】

ローンの返済方法の一つ。住宅ローンなどでは少なく、クレジットの分割払いなどでまれに見られる。「元利均等返済」や「元金均等返済」では返済ごとに少なくなっていく元本に対して毎回利息が計算されるが 「アドオン返済」は返済が終了するまで当初借り入れた元金が減少しないと仮定して利息を計算する方法 (計算上の元金が減らない)。もし、同じ利率だとすれば、返済と共に元金が減っていく元利均等返済や元金均等返済と比べると、1回あたりの返済金額は多くなります。

 

アパート・ハイツ・コーポ(文化住宅)

特に明確な決まりはなく、一般に2階建て以下で木造、または軽量鉄骨造の集合住宅を指す。
関西方面ではさらに、木造をコーポ・文化住宅、軽量鉄骨造をハイツと呼ぶことが多い。

 

アルコーブ

マンションの共用廊下から窪んでいる部分の玄関先スペース。ドアが廊下にはみ出さない点や、家の中を見られづらい利点がある。

 

明渡しの催告

明渡執行に際し、執行官が、債務名義上の債務者が不動産を占有していることを認定し、執行に着手することが可能であると判断した上で、明渡しの断行予定日を定めて、債務者に告げることにより、その日までに任意に明渡しをするよう占有者に促すことです。この催告を公示することにより、その後、断行日までの間に不動産の占有の移転があった場合であっても、はじめから手続をやり直すことを要しないで、直ちに明渡執行を断行することができます。

 

明渡猶予制度

抵当権者に対抗することができない賃貸借(従前、対抗することができるとされていた短期賃借権も含みます。)に基づく抵当建物の占有者に対し、建物の競売による売却の時から6か月間は、建物を買受人に明け渡さなくてもよいこととする制度です。占有者は、明渡猶予により無償で建物を使用する権利を与えられるわけではなく、建物所有者である買受人に対し、建物の使用の対価として、賃料相当額を支払わなければなりません。明渡猶予の対象となる場合については、物件明細書の「4 物件の占有状況等に関する特記事項」の欄にその旨の記載があります。

 

空き家(残置物あり)

建物は空き家ですが、内部に所有者などが残していった物があります。買受人は、残置物を勝手に処分することはできないので、原則として執行官に費用を予納した上で明渡執行を求める必要があります。なお、空き家であるとの認定は、執行官が行った現況調査時点の資料に基づき判断したものであって、現時点において空き家であることを示すものではありません。

 

青田売り【あおたうり】

元来は「稲が十分に成熟しないうちに収穫高を見越してあらかじめ産米を売ること」の意味ですが、不動産では、建物が完成する前に、土地付き建物の販売をすること、また未完成販売ともいいいます。 新築マンション・一戸建ての分譲では青田売りが多く、宅建業法では「広告開始時期の制限」として、建築確認前に青田売りの広告を出すことを禁止しています。そのため広告には必ず建築確認番号が表示される。実物を見て確認することができないので、図面やモデルハウス等で判断することになります。契約前に、建物の外観、設備仕様など細かい点まで確認することが必要です。

 

頭金【あたまきん】

契約を実行するときに保証の為、前もって渡すお金。手付金と同意語。

 
ページの先頭へ

【あ】【い】【う】【え】【お】

一戸建て

住居が世帯ごとに独立して建てられた住宅。

 

一般媒介

貸主が複数の不動産会社に媒介を依頼できる契約形態。依頼先を明示する契約と、しない契約がある。

 

印鑑証明

現住所のある市区役所・町村役場にて発行できる実印の証明書。事前に実印の登録が必要

 

移行地

住宅地・商業地・工業地の各種別の内で、他の種別へ移行中の(地域が変動中)地域にある土地のことです。※例:住宅地域から商業地域へ移行中の地域にある土地→「商業移行地」。

 

移転登記【いてんとうき】

不動産取引において、土地や建物の所有権の移動に伴い、所有権が移った時に行なう登記のことを「移転登記」といいます。所有権移転登記ともいい、記入登記のひとつです。 記入登記とは登記をその内容によって分類した場合のひとつで、 新しい登記事項が生じた場合これを登記簿に記入することを目的としてなすものをいい、 ほかに表示登記、保存登記、設定登記および処分制限の登記がこれに属する。 移転登記は、附従性を持つ地役権を除き、登記できるすべての権利についてなされる。 なお、所有権の移転登記は主登記でなされ、所有権以外の権利の移転登記は附記登記でなされる。

 

違約金

契約の際に定められる、契約違反時に支払う金額の事。

 
ページの先頭へ

【あ】【い】【う】【え】【お】

ウォークインクローゼット(WIC)

クローゼットの中でも大型のもの。主に衣類用のハンガーバーが付いていて、歩いたり着替えも出来る。

 

WIC

ウォークインクローゼットの略。クローゼットの中でも大型のもの。主に衣類用のハンガーバーが付いていて、中を歩くことが出来、着替えも出来るものが多い。

 

内法「うちのり」

室内の面積を壁の内側から測った寸法。実際の有効面積と同じになる。

 

打ちっ放し(コンクリート打ちっ放し)

素材のコンクリートなどをむき出しにして塗装などを施している造り。無機質な感触があり、デザイナーズマンションなどでも多用されている。

 
ページの先頭へ

【あ】【い】【う】【え】【お】

ALC

外壁に使われる材質・工法の1種です。オートクレープド・ライトウェート・コンクリートの略で、軽量気泡コンクリートのことです。普通のコンクリートより軽く、耐火・断熱性と耐久性に優れていますが、吸水性が大きく、表面に防水性の高い仕上げをしなければなりません。

 

EV

エレベーターの略。基本的に共用部分(スペース)である。

 

FRP

Fiberglass Reinforced Plasticの略で、ガラス繊維で補強されたプラスティック複合材料のことです。優れた強度を持ち、浴槽や浄化槽などによく使われます。

 

LDK

リビングダイニングキッチンの略。リビングは居間の事で、それとダイニングキッチンが一体となっている。一般的には8帖以上の広さがある。

 

SLDK

LDKにサービスルーム(SR)がついている間取りの事。

 

エントランス

マンションなど大型集合住宅の入り口のこと。各戸のポストや住人向けの掲示板などが設置されていて、照明などデザインに凝ったものもある。

 
ページの先頭へ

【あ】【い】【う】【え】【お】

オートロック

マンションなど集合住宅のエントランス部分を各住人の部屋から開け閉め出来る機能。セキュリティ対策として使用される。

 

オール電化

ガスコンロや給湯器など加熱に関する設備の熱源を電気で供給するシステム。安全面や熱効率に優れる。

 

押し出し窓(繰り出し窓)

浴室などに設置されることの多い、上下開閉できる窓。開き幅が小さい。

 

追い焚き機能

浴槽のお湯を沸かしたり、高温のお湯を足す事で水温を調整出来る機能。

 
| | | | | | | | |

メニュー